忍者ブログ

【ようこそ!AQUA GENOMへ】

このBlogはAQUA GENOM内コンテンツのDiaryです。
検索、Rankingなどから来られてmenuが表示されない方は以下のバナーからどうぞ。
バナーHP2AQUA GENOM HP

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

光と色彩の奥深さ。

エンドリケリーの体色について
先日は水質のことに関して書きました。

水質の他に体色に影響を与えそうな因子として以前挙げた項目は四つありました。

照明の色と点灯時間
底砂の色やバックスクリーンの色
混泳魚
その他(餌など?)

現在、照明の色と点灯時間と底砂の色やバックスクリーンの色をまとめている感じですが、これがなかなか難しい。

高校などでも習いますが、光の反射と色は密接した関係にあるので
体色の発現や変化について考えるとき避けて通ることの出来ないあたりのようです。

光の具合や周辺の底砂や背景色
これらの環境要因が直接的、あるいは間接的にでも魚の体色を決める細胞に関与していることは間違いないようです。

個人的にはエンドリケリーとは別にしても興味がある分野です。
ということで、もう少し掘り下げて考えながらまとめたいので更新はもう暫く先になりそうです。




そういえば…
今月のFM
再発見!!魅力の熱帯たちという記事で面白い熱帯魚の紹介がありました。

カメレオンシクリッド

アフリカンシクリッドの一種
瞬時にして体色を変化させることができ、洞窟に生息する大型ナマズと共生関係あるようです。

記事にはありませんでしたが
こういった瞬時に体色を変化させることが出来るのは、体色に関与する細胞が神経系や内分泌系による制御を受けている為のようです。
エンドリケリーの場合、瞬時に体色を変化させられる訳ではないのでまた話が違うのでしょうが興味深い記事でした。

因みに、写真・文は東熱帯魚研究所で有名な東隆司氏でした。

最近、某オークションで東ブリードのエンドリケリーが激レアということでかなり高い金額で取引されているようです。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

東さんって凄いですね~~!

東さんは肺魚の繁殖にも成功されたようで凄いですね~~!
私のほうもHPもうじき出来上がります!
リンクして今後も仲良くお願いしますね~~!

Re:東さんって凄いですね~~!

肺魚の繁殖…物凄い根気が必要そうですね
ドリダゴさんのHPの完成楽しみにしています

Blogの方しっかりチェックしておきますね!
俺もコンテンツの充実をはかります
今後とも宜しくお願いします
☆+。2009-03-01。+☆

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
14 |  15 |  13 |  12 |  11 |  10 |  9 |  8 |  5 |  4 |  3 | 

Ranking

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚
にほんブログ村
にほんブログ村 熱帯魚

Rankingに参加しています。
1クリックご協力お願いします↑↑↑

Search in diary

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Profile

HN:
jam
Age:
33
sex:
男性
Birth Day:
1984/06/14
Hobby:
古代魚飼育・釣り・楽器演奏など

Bar code

Diaryは携帯からも閲覧可能です。
Script:Ninja Blog

忍者ブログ
[PR]