忍者ブログ

【ようこそ!AQUA GENOMへ】

このBlogはAQUA GENOM内コンテンツのDiaryです。
検索、Rankingなどから来られてmenuが表示されない方は以下のバナーからどうぞ。
バナーHP2AQUA GENOM HP

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々にザイールグリーン

ケータイの写真を眺めているとこんな写真が↓



これちなみに撮影日は9月です。


今日はまた暑かったみたいですね。
東北はだいぶ落ち着いてきました。

さすがにもう残暑という言葉を聞くのも違和感を感じます。

毎年のように異常気象といわれていますが、もうこんなもんなんじゃないの?
って思っちゃいます。

実際、温暖化の影響とされつつも良く分かってはいないんですよね…。




さて、今夜は久々にザイールグリーン

新モケレムベンべを旧レトロと呼ぶならば、
ザイールグリーンは新レトロですかね?

こう呼ぶとパラドキシカルな通称になりますね。





コンゴテトラ達との混泳がうまくいかず、単独飼育に戻っています。

なんというか…
すごく静かに飼育している感じです。

餌は基本は人工餌、たま~にメダカですが、もう少し活き餌率を上げたいですね。

メダカは20匹入れると一晩でいなくなっていますので、ハントはわりと得意なようです。
人工餌は基本的には見ていると食べてくれませんが、たまに食べてくれます。


水換え頻度はギリギリ週一を維持
今週になり、この水槽は一足早くヒーターを入れました。



水槽をサイズアップして、旧レトロを入れたいです。
かなり安価になりましたしね。
PR

混泳失敗

コンゴテトラとザイールグリーン、コンゴ川コラボとして試みた混泳ですが、
失敗に終わりました…。
サイズの差は十分につけて入れたつもりでしたが、甘かった。

少し小さい不安だった個体は飲まれ、口にはまず入らない個体は惨殺されました。
二匹生き残ったので、今夜彼女宅の水槽へ避難させました。

いい感じの雰囲気の混泳だっただけに残念です。
やはり一筋縄にはいきませんね。



昨夜は水換えを行いました。
現在、我が家の水槽は増え3本のなっています。
実は稼働水槽が3本以上となったのは八年ぶりくらい。
水換えを一気にすべてするのは結構だるいですね~
魚熱の高さからなんとかやれていますが。



水槽と飼育魚は…

第一水槽?
1200×600×450
上部濾過
エンドリ35~43cm×5
ラプラ33~44cm×3
ラプエンタイプ40cm×1

第二水槽?
900×600×450
上部濾過
ビキール41cm×1

第三水槽?
60レギュラー
上部濾過
ザイールグリーン18cm×1

以上です。

メインは過密だし、他も微妙な感じですがとりあえずは現状維持でいきそうです。
来年くらいまでにはこの環境をどうにかしたいですね。

コンゴテトラとザイールグリーン(動画)

前回書きましたが、ザイールグリーン(レトロピンニス)の混泳魚としてコンゴテトラを入れてみました!





雄ばかりですが、群泳させるには雌も少しは欲しいところ。
良いサイズでまた見つかると良いのですが。


コンゴテトラは成熟するほど美しくなるといいますが、成魚クラスの個体は本当に美魚ですね。
鰭が危うい程に薄く長いです。


そんな混泳魚とともに暮らすザイールグリーンの動画を撮影してみました。(再生の際は音量注意で)




コンゴテトラは一応4匹入っているのですが、神経質でカメラを向けると逃げてしまいます。

ザイールグリーンの混泳魚

今週末はショップ巡りに明け暮れました。

目的はザイールグリーンの混泳魚。

条件的には
・長期間食べられない(そこそこ大きくなる魚)
・群泳させることができる
・アフリカ原産(できればコンゴ川に生息している魚)

色々と候補はあったのですが、コンゴテトラあたりが良いかなという結論でした。

コンゴテトラは群泳させても綺麗ですし、12cmくらいにはなるし、細長い魚でもない。
そして、アフリカ、コンゴ川原産。

というわけで、これを探しに近場のショップをまわっていました。
最低でも5cm以上の出来れば雄個体を探していたのですが、なかなか見つかりませんでした。

売っていても2cm程の個体。
5cm程の個体を見つけるも、何故か非売魚とのこと。



そうこうしているうちに…


ある魚と出会い、どうしても欲しくなってしまいました。


“アフリカンパイクカラシン”です。

一晩考えて、今日本気で買うつもりだったのですが、諸事情で断念しました。
予想以上に鰭の模様など緻密な魚で美魚だと思いました。

ポリプ以外の魚を本気で飼おう!と思ったのは数年ぶりでした。
今後売れ残っているようであれば間違いなく買ってしまいそうです。


で、昨日はやっと一匹だけ見つけて買ってきていました。
売れ残りだったのか、サイズも大き目でギリギリ問題ない雰囲気でした。

しかし、本来のイメージではあくまで群泳。


先程、近場では最後と思われるお店に諦め半分で行ってみました。

地方の熱帯魚店は一歩間違うとかなりエキセントリックなお店だったりするのですが、
そのお店は本当にそれの極みのようなお店でした。

廃墟のような雰囲気の中(失礼!)、これは地雷か…と思いきや
大型古代魚が沢山いました!
ポリプもワイルドコンギ、エンドリ、チャドビキール、ローウェイ
特にほぼ全種類いたガーは強烈でした。

最高にテンションが上がる中、何故かそんな中に“コンゴテトラ”!?

雄の7~8cm個体!!
しかも安い!!



というわけで、無事にザイールグリーンの混泳魚をゲットすることが出来ました♪
群泳というにはまだ四匹ですが、まずはということで。

Ranking

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚
にほんブログ村
にほんブログ村 熱帯魚

Rankingに参加しています。
1クリックご協力お願いします↑↑↑

Search in diary

Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Profile

HN:
jam
Age:
33
sex:
男性
Birth Day:
1984/06/14
Hobby:
古代魚飼育・釣り・楽器演奏など

Bar code

Diaryは携帯からも閲覧可能です。
Script:Ninja Blog

忍者ブログ
[PR]