忍者ブログ

【ようこそ!AQUA GENOMへ】

このBlogはAQUA GENOM内コンテンツのDiaryです。
検索、Rankingなどから来られてmenuが表示されない方は以下のバナーからどうぞ。
バナーHP2AQUA GENOM HP

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フィッシュレット

我が家では水槽内の美観を保つため、フィッシュレットとEHEIM2252(水中フィルター)を使用しています。

今回はフィッシュレットの紹介を

フィッシュレットはエアレーションの力でプロペラを回し、上昇する水流をつくります。
そして、下のダクトからゴミを吸い上げ、溜め込みます。
その為、静かに上げて本体を掃除すればいいだけなので、水槽内の糞をはじめとしたゴミの悩みがだいぶ解消されます。
この手のエアリフト方式の投げ込み式濾過装置は沢山ありますが、
物理濾過の観点から考えるとフィッシュレットは究極のフィルターであると思います。

因みに我が家では
別売りのパワーリフトを付け
プラスチックネット及び、本体受け台は外してあります。

これでより大きいゴミを吸い上げますし、
またメンテナンスのとき(フィッシュレットを水面に上げるとき)に起こる糞バラマキの悲劇が起こる確率も減りました。

ただ、まだ入れたばかりのキャットまでエンドリケリーが食べる前に吸ってしまうという難点もあります。

最近は水心(エアポンプ)を繋いでいますが、もう少しパワーを抑えても良さそうです。





エンドリケリーは個体によっては食べ方が汚いのでキャットの食べカスが大量に出ます。
以前はそんなゴミを食べてくれる混泳魚でもと考えましたが、その魚も食べカスを食べれば糞をします。そうすると結局水槽は食べカスこそ浮遊しないものの、糞が増えて収拾がつきません。
そんなとき、フィッシュレットの機能は画期的です。
だから、おすすめ。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
12 |  11 |  10 |  9 |  8 |  5 |  4 |  3 |  2 |  1 | 

Ranking

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚
にほんブログ村
にほんブログ村 熱帯魚

Rankingに参加しています。
1クリックご協力お願いします↑↑↑

Search in diary

Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Profile

HN:
jam
Age:
33
sex:
男性
Birth Day:
1984/06/14
Hobby:
古代魚飼育・釣り・楽器演奏など

Bar code

Diaryは携帯からも閲覧可能です。
Script:Ninja Blog

忍者ブログ
[PR]