忍者ブログ

【ようこそ!AQUA GENOMへ】

このBlogはAQUA GENOM内コンテンツのDiaryです。
検索、Rankingなどから来られてmenuが表示されない方は以下のバナーからどうぞ。
バナーHP2AQUA GENOM HP

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

丸子…

金曜、以前から過食気味で心配していた丸子(パルマス)を落としてしまいました…。
最近は急成長中のミシェル(エンドリケリー)と混泳させていたこともあって、餌の加減が難しくなっていました。
ミシェルも20cmを超えてきているため、入れる餌の量も増えます。ミシェルもだいぶ食べるのですが、丸子は我先にがっつきます。ミシェルの食べ残したキャットも食べていたようで、食べ過ぎるとヨタヨタした泳ぎをしていました。そして、膨れた腹はなかなか落ち着かない。
それでも、とりあえず目立った不調もなくいつも通りだったんです。木曜の夜までは。

木曜の夜、体色が所々薄くなっているのに気付きました。
水曜の夜、ミシェルに食べさせようと小赤を入れたんですが、それを無理に食べたのか腹がいつもに増して膨らんでいました。それが原因で何か調子が悪いんだと思い心配になりました。
その後、一度体色は戻りいつも通りかと思いました。
が、その矢先ひっくり返ってしまいました。

肛門からの出血がありました。体色もまた薄くなっていました。

数時間後、丸子は死んでいました。


我が家は丸子以外の魚はみなエンドリケリーということもあって、丸子の愛嬌のある顔とゆったり泳ぐ姿が癒し系でした。

残念です。


これまでの様子や水槽の状態、混泳魚の状態をみても
原因は過食による内臓系の疾患くらいしか思い浮かびません。
ミシェルとは別々に飼育し、消化しやすい個別の餌を準備するべきだったのでしょうか?
それとも何か他の理由があったんでしょうか?

同じ事を繰り返さないようにしたいものの、原因が特定しきれません。



飼育を再開してから、初めて魚を落としました。
抜け目なく管理している気になっていただけにショックです。
知識が及ばないところで、実際は魚に致命的なことをしていることもあるのかも知れません。
やはり生き物を飼育するのは難しいです。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
17 |  16 |  14 |  15 |  13 |  12 |  11 |  10 |  9 |  8 |  5 | 

Ranking

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚
にほんブログ村
にほんブログ村 熱帯魚

Rankingに参加しています。
1クリックご協力お願いします↑↑↑

Search in diary

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Profile

HN:
jam
Age:
33
sex:
男性
Birth Day:
1984/06/14
Hobby:
古代魚飼育・釣り・楽器演奏など

Bar code

Diaryは携帯からも閲覧可能です。
Script:Ninja Blog

忍者ブログ
[PR]