忍者ブログ

【ようこそ!AQUA GENOMへ】

このBlogはAQUA GENOM内コンテンツのDiaryです。
検索、Rankingなどから来られてmenuが表示されない方は以下のバナーからどうぞ。
バナーHP2AQUA GENOM HP

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ギニアワイルドの紹介。

ギニアワイルドのエンドリケリー

コンコイナと名づけて呼んでいます。

因みに、KONKOINAとは現地の言語マリンケ語で“お腹すいた”

導入後の初めての捕食シーンは物凄いものがありました。

現在、やっと一ヶ月が経ったところ。
餌は人工飼料(キャット、ビッグキャット)、クリル、餌金を与えています。餌の食いは我が家では一番いい個体です。

この個体とブリードの個体を比較して具体的に何が違うのか?
やはりブリード、ワイルドに限らずエンドリケリーは個体差の大きな種ですので、
何かしらここは違う!ここが格好いい!って違いを見つけたいと日々思っています。

来た頃からさほど細くはなかったので体格的な変化はあまり見られませんが、それでも頭部の後ろ辺りはしかっりしてきた感じがします。

この写真ではよくわかりませんね…('A`)

体高よりは横幅が目立つ感じです。


頭部は特徴的だと思います。

この辺を見ると、同じサイズの我が家にいるブリード個体とは明らかに違うと感じます。
顔が老けているというか、同じサイズであるのに貫禄がある気がします。
それと頭部は発色がとても複雑で格好いい。

バンドはだいぶしっかり濃いです。太くはないですが、入り方は悪くない。
頭部の後ろまでしっかり入っているのが気に入っています。


全体的な体格のバランスは我が家のエンドリ全てに言える事ですがまだまだです。

大きくなるタイプの顔つきというのが、俺はまだよくわからないのですが
なんとなくコンコイナは期待できるのではないかと思っています。
先日、美容室で見たBIGエンドリを見て共通する何かを感じたんです。
気のせいですかね…。

あと、一つ気になっているのが背鰭の一枚目。
一枚目だけが大きくて幅があります。これは始めて見ました。
こういう個体もいるんですね。

最近は家を空けることが多くて、餌の量が微妙です。
四月は落ち着くと思うのでこいつにはしっかり食べてもらいたいです。

今後もそれぞれの個体について色々書いていきたいと思います。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
20 |  19 |  18 |  17 |  16 |  14 |  15 |  13 |  12 |  11 |  10 | 

Ranking

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚
にほんブログ村
にほんブログ村 熱帯魚

Rankingに参加しています。
1クリックご協力お願いします↑↑↑

Search in diary

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Profile

HN:
jam
Age:
33
sex:
男性
Birth Day:
1984/06/14
Hobby:
古代魚飼育・釣り・楽器演奏など

Bar code

Diaryは携帯からも閲覧可能です。
Script:Ninja Blog

忍者ブログ
[PR]