忍者ブログ

【ようこそ!AQUA GENOMへ】

このBlogはAQUA GENOM内コンテンツのDiaryです。
検索、Rankingなどから来られてmenuが表示されない方は以下のバナーからどうぞ。
バナーHP2AQUA GENOM HP

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナイジャー川

このところ、古本を買い漁っていました。
アクアリウムの雑誌
フィッシュマガジン、アクアライフの古代魚やポリプテルス関連の特集号がターゲットです。

はじめは中学生くらいの頃、心ときめかせながら読んだポリプテルス特集号を探していたのですが、結局古すぎてそれは見つかっていません。
実家のどこかにあったりしないかなぁ…。

今夜は最近買ったそれらの中から、ピックアップしてみたいと思います。
見覚えがある方もいるかもしれませんが。

2000年10月号のフィッシュマガジン



“悠久の時を語る 古代魚ポリプテルス”と銘打たれた特集号です。
この号の見所は何と言っても、東氏が語るポリプテルスの故郷の様子についてだと思います。
タンガニイカ湖やニジェール川での生息状況や環境、市場で発見したエンドリケリーなど
現地の様子が写真や挿絵付きで解説されており、大変興味深い内容です。

また、後半には五十嵐利明氏のインタビューなどもあり、
いかにしてポリプテルスと出会ったのかという原点からのお話が載っています。

内容的には現在になって読んでも飼育のヒントになることや、
個人的にはなるほど!と思える内容が多く、知的好奇心がくすぐられる読み応えがある号だと思いました。

また、国内に初入荷された便のコンギクスやラプラディの写真もあります。
コンギクスに関しては三便目の個体写真も。

初めに入ってきていた個体と現在の個体を見比べるのもまた面白いものがありますね。


書籍から得られる情報は専門的な部分から、実際の飼育に関するところまで幅広く
改めて目を通すと発見が多々あります。
やはり、少し読んだくらいでは私の頭にはさっぱり入っていないようです。

暇をみてゆっくり読もうと思います。

古代魚飼育のバイブル

“古代魚総覧”と“古代魚を飼う”

がありますが、この辺もしっかり読みたいと思います。





ところで、これの広告に見覚えがある方はいますでしょうか?



電話でメッセージを入れて、売り買いする媒体的なダイヤルです。
今見ると、物凄くいかがわしい感じがしますが、当時はこれで私も九州の方とエンドリの取引をさせていただきました。

現在はそれがオークションなどになっているんでしょうが、以前はこのような危なげなものだったんです。
私はトラブルなく取引を完了することが出来ましたが、現在このシステムでやろうとすると色々と怖い面がありますね。

ここ数年で世の中が、ある一面かもしれませんが、大きく変わったということを実感させられます。

勿論、良くも悪くもでしょうが。




どうでもよい話ですが…
最近、私の購買意欲はMAXです。

飼育したい魚、沢山います。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
164 |  163 |  162 |  161 |  160 |  159 |  158 |  157 |  156 |  155 |  154 | 

Ranking

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚
にほんブログ村
にほんブログ村 熱帯魚

Rankingに参加しています。
1クリックご協力お願いします↑↑↑

Search in diary

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Profile

HN:
jam
Age:
33
sex:
男性
Birth Day:
1984/06/14
Hobby:
古代魚飼育・釣り・楽器演奏など

Bar code

Diaryは携帯からも閲覧可能です。
Script:Ninja Blog

忍者ブログ
[PR]